水回り掃除は重労働すぎる

掃除機をかけるだけで済む掃除とは違う、水回りの掃除はとても大変です。夏はいいですが、冬は寒くて水が冷たく、汚れは落ちにくいという最悪な季節です。ずっとお湯を使えばいいかもしれませんが、そうすると今度はガス代が跳ね上がるので辛いところ。

水垢掃除はメラミンスポンジの登場により、随分楽になった様に感じます。100円均一でも用途に合わせたサイズにカットされたものが何十個とまとめて入っているので、気軽に使えまし、洗いあがりはピカピカです。ですがこれは、狭い範囲のみの話で、浴槽や大きいシンクの場合なんかだとかなり疲れてしまいますし、とても効率が悪いです。特にお風呂は少し掃除をサボるとあらゆる溝という溝に汚れや石鹸カスが溜まって、ブラシやスポンジが届きにくく、あわよくば届いてもかなりこすらないと汚れが落としきれず、せっかく落としてもまたすぐに汚れてしまいます。握力が無い女性には結構しんどい作業だと感じています。お風呂のエプロン掃除なんて怖くて何年もやっていません。このままだと家族の誰かがいつカビアレルギーを発症してもおかしくない状態です。

もう自分でやるのは限界なので、そろそろ擦り洗い卒業の為に高圧洗浄機を投入するか、汚れを見られるのが恥ずかしいですが確実に汚れを落としてくれそうなハウスクリーニングを依頼しようかと考えています。やらないといけないのに面倒でやらないのは、一時的には楽なのですが、結局心の奥底でモヤモヤし続けていつまでもスッキリしません。節約の為に自分を消費するのに疲れはててしまったので、家族で相談して今年は楽して綺麗を手に入れたいです。